予防治療のススメ!治療方法や頻度はどれくらい?

意識することが予防治療の始まりです

体に良い事をしましょう

予防といっても、特別に何かすることだけではありません。 毎日の生活が体に与える影響は大きく、そこがきちんとしていれば大抵の病気は跳ね返すことができます。 良い影響も悪い影響も積み重ねることがその要因になります。 健康な状態で生活し続けることも、病気になることも、普段の生活がキーになるのです。

お手本のような生活が一番の予防

病気になってから治療するよりも、病気にならないように予防することを第一にする予防治療。
発祥はアメリカといわれていますが、今は世界中で医療の基本的な考え方として、これまでのものからシフトしてきているようです。
私達の住む日本は長寿国として有名ですが、ただ命を長らえるということではなく、健康に長生きする長寿を目指してきました。
それには、医療技術の進歩や研究が必要ですが、そもそも病気にならなければそれが一番良いことです。
人は生きているだけで何かしらの病気にかかるものです。
全く何の病気にもかからないという人はいませんから、軽い風邪から手術が必要な重い病気など、あらゆるものに対しての有効な予防法があれば知りたいですよね。
実は万能薬や大がかりな設備などは必要なく、日常の生活でできることがほとんどです。
日々の積み重ねが一番体に影響を及ぼしますから、簡単に思えてきますが、毎日コツコツが意外に面倒でついさぼりがちになってしまう事も。
また習慣になっていることが体に悪影響を及ぼすこともたくさんあります。
代表的なものはタバコです。
精神安定という意味では身体に良いのかもしれませんが、本人にとっても周りにとっても百害あって一利なし、まさにその通りです。
止めたくても止められない習慣でもありますから、早めに禁煙外来などの専門家に頼るなどして、卒業することが予防治療になります。
身体に良いことをすることと、悪い習慣を断つことが、予防治療になります。

必要に応じた予防とチェック

毎日の生活で体調を維持できていても、それだけでは対抗できない病気もあります。 予防接種によって前もって防御することや、今の体の状態を知ることは、その後の対策に生かすことができる大きな一手です。 怠れば、想定以上の悪い結果をもたらすこともありますから、面倒に思わずしっかりと向き合いましょう。

病気になっても続く予防

どんなに予防を頑張っていても、病気になってしまう事があります。 発症しても日頃の予防治療によって回復が早くなったり、悪化や合併症などの心配が少なくなることもあります。 また、身体だけではなく心の健康にも気を配ることで、心身ともに元気でいることが大切です。

TOPへ戻る