意識することが予防治療の始まりです

>

体に良い事をしましょう

予防の基本は食事から

まず気を付けるものといって思いつくのは、食事でしょうか。
望めばなんでも手に入る今の時代、特に食べ物に関しては意識していないと病気を誘発してしまう元となるものを過剰に摂取しがちです。
食べるもので私たちの体は作られ、動かすことができるわけですから、直接的な要因になることはいわずもがな、です。
野菜不足を意識する、塩分やカロリーの摂取量をコントロールするなど、できることはたくさんありますよね。
しかし、毎日の事ですから、神経質に管理してはストレスにもなりますし、そんな時間はないからと、諦めてしまう事が多いのではないでしょうか。
食事内容については、毎回の食事内容で細かく見る必要はなく、週単位でバランスが取れていれば大丈夫です。

規則正しい生活を送る

よく言われる、「規則正しい生活」とは、どんな生活でしょうか。
早寝早起き、適度な運動とじゅうぶんな睡眠が基本ですが、生活のリズムを整えることが一番大切な事です。
一定のリズムを毎日保つことで、心と体にかかる負担が軽減されます。
そして日中の活動で心身を動かして、夜に質の良い睡眠を得るというサイクルをつくると、免疫力が上がったり体力が付くなど、病気になりにくい体になることができます。
とても地味ですが、実は身体にとって一番大事な事なのです。
このリズムが崩れることは、できれば避けたいところです。
例えば、過度の飲酒は安眠を妨げ、疲労回復に影響を及ぼします。
なによりもアルコール過多は直接病気の原因になったりもしますよね。
それから運動についても、身体に負担のかからない軽度のものからはじめましょう。
病気だけでなくケガの原因になります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る